さっくりサクサク ざっくりザクザク

とりあえず、やってみたいからブログはじめてみることにするー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

代わりにボタンを縫い付けて

1月28日(月)

昨日の深夜、日中たくさん寝てたせいか(テスト前なのに!)

寝たいときになかなかいい感じで眠くならない。

テスト前だから勉強しなくちゃいけないんだけど、

勉強もイマイチ手につかない。(普段やりなれてないから…)

かといって、オナニーする気にもなれない。(普段やりすぎてるから…)


で、「あ!この前取れたPコートのボタン付けをしよう!」って思いつく。



去年の冬に買ったPコート、別にべらぼうに高かったわけじゃないけど

かといって、特別に安物っていうわけでもなく

(うちからすれば)まぁそれなりの出費だったわけで。

けど、ボタンの形状と縫い付け方に問題があったのか

去年の冬のうちに8割くらいのボタンは取れた。(びっくり)

そのたびに自分で縫い直した。

コート自体は気に入ってるし、ボタン取れたくらいで

コート一着捨てるほどセレブな身分じゃない。

学生さんは金がない。


そしたら先日、去年の冬自分で縫い直したところのボタンが取れた。


というわけで、録音しといた日曜夕方のマシャのラジオ聞きながら

深夜に黙々とボタンの縫いつけ…



(別に裁縫は女の仕事、って決め付けるわけじゃないけど)

「こうやって“結婚できない男”って作られるのかな…」とか思いつつ…

変態な妄想もしつつ…



~妄想開始~

彼女「あ!コートのボタン、取れそうだよ?」

うち「ほんとだ…今度縫わなくっちゃ…」

彼女「私がいま縫ってあげる。はい、コート脱いで♪」

うち「いいよ、自分でできるし…(下手だけど)」

彼女「いいから、いいから♪」

うち「じゃあ…お願いしようかな…」

彼女「じゃあシャツも脱いで♪」

うち「なんでっ!?」

彼女「いいから、いいから♪」

うち「う、うん…」

彼女「じゃあ次は、ズボンも脱いで♪」

うち「なんでっ!?」

彼女「いいから、いいから♪」

うち「う、うん…」

彼女「じゃあ、次はトランクスも脱いで♪」

うち「なんでっ!?」

彼女「いいから、いいから♪」

うち「う、うん…って、ぁ、ああぁ~…そ、そこは…」

彼女「(ジュポジュポ…)」



~妄想終わり~
(あの有名なカリスマノロガーは現実の世界がこんな感じなんだと思う)




そんなこんなで

「あ、ここもそのうち取れそう」

って結局計4ヶ所ボタン付け。



しっかり縫いつけされたボタン見て

「まぁまぁ上手やん」(完全に自己満足)

ひとり、ニヤニヤ…

下手ですが…

(不器用なうちにしては、これでもまぁまぁの出来です…)




ボタン付け終わって、思い出したこと。

大学進学決まって、引越しのための荷造り。

中学校の家庭科の授業で買った(買わされた?)

裁縫セット(?)みたいなんを

うちがダンボールに入れてるのを母さんが見て。

母さん「裁縫セットも持っていくんだ」

うち「ボタン取れたときとかに要るかなって思って」

母さん「ボタン付け、自分でするん?」

うち「(下手だけど)そのくらいは自分でできるっ」

母さん「(自分でうまくできなかったら)代わりにボタン付け
     上手にやってくれるような人、探したらええしな」

うち「…ぅ、うんっ(母さんイチイチうるさいっ)」







↑ランキング参加中です。クリックしてみてください。









母さんへ

代わりにボタンをつけてくれるような人、まだ見つかってないよ☆





スポンサーサイト
  1. 2008/01/29(火) 04:23:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 サーバー・ホスティング 私書箱/私設私書箱 道・楽サーバ 予約宿名人 skyticket