さっくりサクサク ざっくりザクザク

とりあえず、やってみたいからブログはじめてみることにするー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

陶芸体験しました

3月26日(水)

「陶芸、やってみくない?」

この前京都に行ったとき、陶芸体験(?)できるところを

清水寺の近くに発見して。

「やってみたいよね」

「おもしろそうだよね」

って話してたら

いきなり「じゃあ26日ね!」って決まって。

「えー!いきなりすぎー」

とか言いつつも、まぁうちは基本的にバイト以外予定らしい予定はないから

京都に陶芸体験(?)に行ってきた。

高校のときの仲良し3人。男2、女1。


行く直前になって、春休みはニュージーランド楽しんだってのもあって

「だるいー別に陶芸(やらなくて)いいやー京都まで行くのお金かかるしー」

って思ってたけど、行ったら行ったで、まぁおもしろかった。



京都タワー

京都駅について、まず見えた京都タワー。




人々

今日は清水寺周辺すごい人たくさんおった。





さくら

さくらが咲いてた。




陶芸したところ

で、陶芸したところ。




ろくろ陶芸体験

ろくろの陶芸教室。

案外、早くできるもんなんですね…笑



ろくろ台

ろくろ台。




手本

「じゃあ、お手本見せまーす、説明しながらやりますので、よく聞いといてください」




形になる前

ここからスタート。




できたー

うちの作ったコーヒーカップ。
(※あとで取っ手をつけてもらえる)


力入れすぎると、グニャって曲がっちゃうし、なかなか高さが出せないし

ろくろ見てると目回りそうになるし、集中せないけんし…

けど、おもしろかった☆



んで、裏に名前入れてもらって、焼いて、一週間くらいしたら、完成するとか。

楽しみ楽しみ♪


世界に一つだけの、うちのコーヒーカップ(?)。

自分が作った、コーヒーカップ(?)。

ちょっと、ニヤニヤ。




ろくろ体験、おススメです。

彼女ができたら、彼女と来たいな、とニヤニヤしながら思った。(キモイ)

お互い茶碗とか作っちゃったりしてね。(妄想)



自分で作った、世界に一つだけ。

出来上がりが楽しみ楽しみ♪



そのあと、その近くにあったカフェみたいなとこで

うちは抹茶白玉ぜんざいを食べた。
抹茶白玉ぜんざい





友達は近江牛の特製カレー食ってた。
近江牛のカレー





もうひとりの友達は抹茶パフェ食ってた。
抹茶パフェ





うまかった…

そして、ここの店員のおねえさんが、めちゃくちゃタイプだった。

声もすごくかわいくて、まじでやばかった。

ほんと、もう、あぁ、僕、と、とろけてしまいそうです、みたいな。

ピンクの着物を着てたのも、さらにうちのドキドキを加速させた…

ほんと、やばいくらいに、かわいかった…

あんな人と結婚したい…





で、そのあと、京都駅に帰るバスに乗るためにバス停に向かって歩いていたら

外国人のおばさんに、声かけられて。

ちょっと、アレ?って思う。

“Where are you from ?”

って聞いても、なんか

??

みたいな顔されて。

…なんと、おばさんはドイツ人だと判明。

“OK” “All right” “No problem” “Not”  “Germany”

とか、そんな英語しかおばさんわかんない。

一緒にいたうち以外の2人は、外大生。

でも、2人はそれぞれ、中国語、英語を選考してて。

うち、大学1年生のときに第二外国語あったけど、

やってたのはフランス語…

ドイツ語なんて、わかんない…

けど、3人必死にドイツおばさんとコミュニケーション。

必死のコミュニケーションの結果わかったのは


・友達3人で来たけど、友達2人とはぐれた(らしい)

・友達は先にホテルに帰って待ってる(らしい)

・京都に来たのは2回目(らしい)

・京都に来る前は東京に行ってた(らしい)

・八王子には大学がたくさんあった(らしい)

・独身(らしい)

・京都駅に行きたい(らしい)

・京都駅からホテルに行くシャトルバスに乗りたい(らしい)

・ホテルはリーガロイヤル(らしい)

・京都は寺が多い


とか。

で、ちょうどうちらも京都駅に向かうとこだったし、一緒に行きましょう、の流れになって。

で、清水寺からの坂下りたとこのバス停から206番のバスに乗って

京都駅に行こうとするものの

何分かおきにくる206番のバス、

全部ぎゅうぎゅう詰め。乗車率250%(くらい)。

うち「無理だね」

友達「無理だね」

友達「人いっぱいだね」

おばさん「Full !」

で、40分くらい待ったのち、あきらめて、違う番号のバスを乗り継いで

京都駅まで行くことに決定。

おばさんに、なんとか説明して、バス乗り継いで、なんとか無事京都駅着。

京都駅着いたら、おばさんやたら

“I remember !”

と言い出す。

友達と「え、もううちら用なし?」って顔見合わせるも

やっぱシャトルバス乗り場まで案内してあげて、バス乗れることを

確認しないとやっぱり心配。

ほんとにおばさんがわかってるのか怪しかったし笑


で、リーガロイヤルのシャトルバス乗り場まで案内。

ちょうど緑色のリーガロイヤルのバスが来てて。

で、おばさんが帰れることわかって、一安心。

最後、ハグして、キスされたよ…笑

言葉がほとんど通じなくて、大変だったけど

おばさんを助けることができて、よかった。








↑クリックお願いしますー




京都タワー(夜)


京都。またいい思い出ができた。



スポンサーサイト
  1. 2008/03/27(木) 11:24:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 サーバー・ホスティング 私書箱/私設私書箱 道・楽サーバ 予約宿名人 skyticket