さっくりサクサク ざっくりザクザク

とりあえず、やってみたいからブログはじめてみることにするー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悶絶級の美味

「うまい天ぷら食べ行こ!」

ってことで、友達と3人で行って来ました


『天ぷら 大吉』(←とりあえずリンクはグルメWalkerより)

天ぷら大吉


大学入ってまだ間もないとき、先輩が連れて行ってくれたけど

そのとき結構酒に酔ってたり、なんか先輩に囲まれて緊張でドキドキだったりで

なんかあいまいな記憶しかなかったけど、

大吉っていう天ぷら屋に行った、めちゃめちゃおいしい天ぷらだった、

ということはハッキリ覚えていた。



で、13日(金)の深夜に天ぷら食べに南海本線堺市駅そばの

名店『天ぷら 大吉』に。


お店に着いたのはpm11:40くらいだったろうか、

開店前に着いたのだけれど、すでに行列が…。


行く前は

「ちゃんと店の正確な位置わかるかなー」

って若干不安だったけど、それらしい場所まで行くと

行列が既にできていて、

「ここだーっ!キターっ!」

ってテンション急上昇。


すぐに行列に並んだけど、この時点でうちらの前には

既に20人余りのお客さんたちが、今か今かと開店を待っていた。


雑誌にも載るほどの名店であり、もちろんうちらも行列覚悟で

行ったのだけど、行列を目の当たりにして、

そして、約2年前、ここに来て、味わった天ぷらのおいしさを思い出して

テンション上がって、ワッキャワッキャしていた。





そして開店時間になり、シャッターが開けられる。

カウンター21席という店内は開店と同時に満席に。


うちらの前にいた人たちが、開店と同時に店内に順に流れ込んだわけで、

うちら3人は約20分か30分ほどだったろうか、開店後もワクワクしながら

外でワイワイ話しながら時間を潰した。もちろん想定内。


お店の中を外から覗き、店の中に貼られた

年季の入った、おしながきを見ながら

「何食べよー」

「“ガッチョ”ってなんだろう?魚かなー?」

「アサリ汁は外せないよねー(アサリ汁はこの店の名物)」

「てかあの天ぷら揚げてるお姉さん美人なんですけど!タイプっ!」

ワイワイ話す。とりあえずお姉さんがめちゃタイプでした。

行列に並ぶのも醍醐味のひとつです、きっと。




そしてしばらくして

「お待たせしましたー3名様どうぞー」

お兄さんの元気のいい声に導かれ、店内に入る。

もちろん店内21席のカウンターは変わらず満席。

カップルや、友達同士できたんだろうなっていうひとたち、

夫婦で来ている人、決して広い店内ではないから、肩を寄せ合って、

それぞれが思い思いの天ぷらを頬張る。

店内は天ぷらの香りがたちこめていて、

天ぷらが次々に出来上がっていく。

天ぷらの揚がるジュワっといういい音、そして隣の席からは

天ぷらを頬張るサクっという音が聞こえてくる。

お店の外には順番を待つ人たちの姿が絶えない。



カウンターの向こうでは

店員の人たちが忙しなくお客さんからの注文を受け取り、

次々と天ぷらを揚げてはお客さんに渡し、そしてまた注文を受け取る。

店員の人たちはほんとに大変そうだった。

天ぷら大吉




そして注文を決め、天ぷらがやってくるのを今か今かと待つ。

「はいどーぞー」

お兄さんが天ぷらが盛られた皿を出してきた。

天ぷら大吉


天ぷら大吉




いやぁ、まじうまそうなんですけど。





「いただきまーす!」

大根おろしのたっぷり入ったつゆにつけて

アツアツの揚げたての天ぷらを口に運ぶ。

いやぁ、まじでうまいうまい

ヽ(´∀`)ノヽ(´∀`)ノヽ(´∀`)ノ


天ぷら大吉




いつもならテレビ見てるかネットしてるか

まぁ勉強してるか、もしくは寝てるかの時間だけど

深夜に食べに来たかいがある。

天ぷらって、こんなにおいしいんだ、って感動して笑顔で

天ぷらを夢中になって食べた。



食べれるならメニューに載ってる全メニューを制覇したかったけど

さすがにそれは金銭的にも胃袋的にも無理だったけど、

その2つのリミットさえなければ、全メニューを味わいたい、

そう思った。


かぼちゃやナス、いんげんやシシトウと天ぷらももちろんおいしかったけど

魚介の天ぷらもやはり、たまらないおいしさだった。

鯵、穴子、海老、

そして気になっていた“ガッチョ”。(※ガッチョは白身で小さなおいしい魚でした)


そしてなんと言っても悶絶級においしかったのが

きす

である。キスと書くとなんか…ね笑

いやぁ、もともと白身の魚って好きだったし

きすの天ぷらは好きだったけど、

もうほんとにここの揚げたてのきすの天ぷらはおいしすぎて

悶絶、昇天級のおいしさで

クゥーっ!のひと


「ク~~~~ゥっっっ!!!!!」
(川平慈英風に)

て言っちゃいたくなるほどだった。


天ぷら大吉




〆として名物アサリ汁も食べたけど

やっぱこれもおいしい!

次はたまご汁も食べたいなー♪




おいしいものを

食べて

おいしいと思える

笑顔で頬張る


幸せだなぁ、と。






↑クリックおねがいします!はい!




食べ過ぎて、帰りがしんどかった…


また近々、来ようと思ふ…!




天ぷら大吉



あさり汁の、あさりの貝殻は地面へポイ

これが名物(?)の光景






↑クリックしてみてください!


スポンサーサイト
  1. 2008/06/16(月) 03:36:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アフィリエイト・SEO対策 サーバー・ホスティング 私書箱/私設私書箱 道・楽サーバ 予約宿名人 skyticket